忍者ブログ

2017
06
27

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/06/27 (Tue.)

2011
03
06

TVEC理事長賞受賞!

本記事の前に、ここ数日をたどっておこう。


まず、2月27日(日)。
勤務校コーラス部が某所でミニコンサートを開催した。


12人とずいぶん人数を減らしたにもかかわらず、よく歌っているコーラス部。演目は、翼をくださいだとか蛍の光だとか、大衆を意識したものだったものの、まじめに練習に取り組んでなかなかいい演奏をした。


お客さんの中にちらほら、涙を流している方がいらっしゃった。自分たちの体を通して産まれ、世界に放たれた声が、人の心のある部分を刺激して涙を誘うという体験。自分たちの歌声で、聴衆が涙するという体験。


いい体験をしたね。部員たち。



---
3月1日、3年生が旅立っていった。すばらしい3年生だった。コーラス部の卒業生とは、また後日、お別れ会を行うので、またそのときに。


---
新校の校歌が完成した。作曲は髙嶋みどり先生。作詞は覚和歌子先生。すてきな校歌ができあがった。


---
さて、今日の本題のTVEC。


タイトルにもあるように、なんと、東京都理事長賞をいただいてしまった。金賞だけでなく、トップ賞までいただいたのだ。


手応えはあった。


棒を振りながら、「あ、ここうまくいった。あれ、ここもいい感じだ」という風に、好感触の多い演奏。ところどころ、母音が短く処理されてしまったところや、チューニングの雑味が気になった部分もあったが、大きな流れとしては、指揮者的には団員のみなさんに高得点の合格点をあげられる演奏であった。


団長のうれし涙が忘れられないなぁ(*^_^*)



今日は手放しに喜んで、今から祝杯をあげるつもりだ。


今回ちょっとわかったこと。指揮者は、細かい部分まで気を配って指示をとばす必要もあるのだけれど、実はそれよりも、もっと大きな、全体的な見通しをもって練習を組み立てなくてはならない(のかもしれない)ということ。本番で一番いい演奏ができるように、アドバイスの工夫をする必要があるということ。


昨日の練習と、直前練習で、大きな流れの中で特に目立つビューポイントをピンで指摘し気づいてもらうことができたのは、なかなか良かったのかなぁと自己満足している。


反省点としては、語尾の母音が短くなっているのを正確に見抜けなかったことと、バスのチューニングに固執しすぎて、内声のチューニングにまで意識がまわらなかったことかな。




何はともあれ、今回のこのよき出来事も、「通過点」だ。
勝って兜の緒を締めよ。おごらず、とまらず、一歩一歩着実に進んでいこう。



拍手[7回]

PR

2011/03/06 (Sun.) Comment(0) 混声合唱団ルックスエテルナ

2011
02
25

がんばれ!

落ち着いて、
いつもと変わりなく、
何があっても慌てない。



3年生、がんばれよー♪


拍手[0回]

2011/02/25 (Fri.) Comment(0) 勤務校

2011
01
31

第18回栃木県ヴォーカルアンサンブルコンテスト

昨日、2011年1月30日(土)、栃木県教育会館にて第18回栃木県ヴォーカルアンサンブルコンテストが開催された。


勤務校は銀賞。ルックスエテルナは金賞・知事賞を受賞。


勤務校に関して、アクシデントで一人欠場するなど波乱含みだったが、たぶん、顧問の運で銀落ちしただけであって、金賞をいただいてもおかしくない演奏ができた感はある。


それもこれも、高校全体のレベルがそれほど高くなかったためということもあるのだけれど。。。


今回うれしかったのは、顧問はあんまり口を出さずに、生徒たちの力に任せて練習を積み上げてきた結果、なかなかいい演奏ができたということ。パー練をみていて、何度も口を出しそうになったけれどぐっとこらえてみた。結果、自分たちで気がつき、自分たちで直すという力がついた気がする。


何か光が見えた気のしたアンコンシーズンとなった。


ルックスエテルナは、いつも通りの演奏。きっと団員はあのレベルでは満足していないだろうけれど、ヴォイストレーニング的にまだ難がある中で、なかなかいい音楽ができたのではないだろうか?


どちらも決して満足はしていないけれど、今回は何か手がかりのつかめたアンコンとなった。


ところで高等学校の部で教育長賞を受賞した真岡女子高の演奏はすばらしかった。


伝統的にすばらしいアルト。安定感のあるメゾ。そして昨年と比べると素直さが前面に出てきたソプラノ。


W先生の棒もさらに洗練され、まさに死角なしの演奏。


さすが真女。全国区の学校だなあと思わせるに足る演奏だった。願わくば、来年度、ほかの部に負けずたくさんの新入部員をゲットして、栃木の高校のレベルをさらにさらに高く引き上げてほしいものだ。



もちろん、うちも負けずにがんばろう。



それにしても、一般も中高生に負けず元気を出さなくちゃあなぁ。中高生に、「ああ、大人になったらこんな合唱ができるんだ!」って思わせる演奏、ぜひともしてみたいものだ。。。

拍手[8回]

2011/01/31 (Mon.) Comment(2) 指揮者の独り言

2010
12
29

自立心

勤務校の部活。


今日は部員たちがパー練をやりたいというので
ヴォイストレーニング終了後から合わせなしのパー練。


1年半、うちの生徒たちは
手塩にかけなければ
高いところに登れないと思い込んでいた。


でも、そんなことはない。
そんな風に思ってしまっては、
生徒たちの力を信じない顧問になってしまう。


卒業した子たちも、
引退した愛する3年生も、
もっともっと、自分たちだけの力で
立ち上がり、歩き、そして走り、
もっともっと高いところへ
登っていきたかったに違いない。


顧問が未熟なため、
その道を遮ったのかも知れない。


だから新人たちには、
あんまり手塩にかけないようにしている。

・・・つもり。


勝手に、そしてしっかりと体操と発声練習をし、
勝手に、そしてしっかりとパー練をしている。


気になるのは、準備と後片付けが下手なことかなぁ^_^;
相変わらず、音楽室の掃除はしていない印象だし。



今日は準備室でソプラノがパー練をしていたが、
なかなかいい練習をしていた。
そこ、もっとこうした方が・・・
って、どうしても思ってしまうので、
意図的に耳を傾けずに内職していたけれど、
それでも、いい練習をしているっていうのは
よく伝わってくる。


もっともっと自立して、
もっともっと強くなって欲しいな。


顧問のコーラス部ではない。
部員たちのコーラス部なのだ。


もう、誰もやめるなよ。


誰か一人やめると、
顧問は帰りの車の中で、
ものすごく落ち込んで、
事故りそうになるのだから。


そして、来年は、
また関東大会に出場しような!
そしてその次、全国へ!!


顧問の力ではなく、
部員たちの力で、全国へ!!!


拍手[3回]

2010/12/29 (Wed.) Comment(0) 勤務校

2010
12
28

ふぅ。。。

部活をやっていると、


救われるなぁ。。。





もう年末かぁ。


つらい時期も3年たてば。。。


あと2年だな。


乗り越えよう。

拍手[1回]

2010/12/28 (Tue.) Comment(0) 勤務校

プロフィール

HN:
♪うっちい
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1971/03/23
趣味:
ガーデニング

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア


↑アマゾンで商品検索!

最新コメント

[02/05 うっちい]
[02/04 北斗七星]
[08/31 ユデン]
[08/31 うっちい]
[08/31 ユデン]

最新記事

最新トラックバック

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

アクセス解析