忍者ブログ

2017
10
20

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/10/20 (Fri.)

2009
10
12

第64回関東合唱コンクール 職場・一般部門

昨日、宇都宮市文化会館で第64回関東合唱コンクールが行われた。


私は主管県事務局長としてアレヤコレヤと走り回りながら、合間に本番という感じで参戦。忙しくはあったけど、スタッフがばっちり動いてくれたので、午後などは本部の荷物番的な役目を果たしている程度の時間もあり、一息つけた。スタッフの皆さま、本当にありがとうございました<(_ _*)>


さて、混声合唱団ルックスエテルナはどうだったかというと、結果は銀賞。


演奏は会心の出来だっただけにがっかり感は大きい。

Crucifixusのハーモニーがやや弱くなったのだけど、関東レベルには達していたという自信はあるし、きっと、全曲を通して、客席をうならせた部分もあったろう。


現段階で最高の演奏ができたことは間違いない。


しかし、相手が悪すぎた。桑原先生のところの二つはかなりの本気モードだったし、一女OGが中心のLa Merもものすごい演奏をしてきた。正直、完敗だと感じた。


昨年の新潟会場のときと比べると、今回はものすごーくレベルの高い争いになった。


これがまた、一般部門の怖さでもあり面白さでもある。


昨年と違って、B部門は今一つ。好演はたくさんあったけど、名演がなかったように感じた。


ルックスエテルナは、20名前後で活動している。この数はちょうどいいのだけど、厚みを出すには、各人のヴォイストレーニングが急務だ。


また、しっかりと声を出せる新メンバーの入団も心待ちにしていよう。指揮者や団長の勤務校の卒業生も、入ってくれると嬉しいものだ。待ってるよ( '∇^*)^☆


一般団体のいいところは、こうして大会が終わってしまっても、また仲間たちと次に向かって仕切り直しができるところ。


引退は、自分が決めるまでは訪れない。


コンクールに出場することによって、他団体と競うことによって、より高い表現を目指すことができる。


我々アマチュアが達成しうる最高の音楽芸術は、こうしてしのぎを削りながらでないと、なかなか現れない。


そこにより大きな感動があるはずだし、誰かを救う音楽を奏でるチャンスも増えるはずだし、逆に昨日のようにものすごい演奏に出会えるチャンスが増えるわけだし、しばらくはコンクール参戦を続けていこう。


さて、今日は今から、グローリア アンサンブル&クワイアーの練習。


この団体は、システム的に多くの人が集える団体。こうした団体も、多くの人々の心のよりどころに成りうる。


どちらの団体も、とってもやりがいがある。


願わくは、自己満足で終わらないことを。。。



☆応援してくださったたくさんの方々、ありがとうございました<(_ _*)>

拍手[0回]

PR

2009/10/12 (Mon.) Trackback(0) Comment(0) 混声合唱団ルックスエテルナ

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Trackback

Trackback for this entry:

プロフィール

HN:
♪うっちい
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1971/03/23
趣味:
ガーデニング

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア


↑アマゾンで商品検索!

最新コメント

[02/05 うっちい]
[02/04 北斗七星]
[08/31 ユデン]
[08/31 うっちい]
[08/31 ユデン]

最新記事

最新トラックバック

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

アクセス解析