忍者ブログ

2017
07
25

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/07/25 (Tue.)

2009
08
30

第46回栃木県合唱コンクール

8月29日(土)、宇都宮市文化会館大ホールにて開催された第46回栃木県合唱コンクールに、2団体率いて参加。高校Aは勤務校である栃木県立佐野女子高等学校コーラス部、一般Aは混声合唱団ルックスエテルナで参戦した。


佐女高の子たち、よく頑張った。正直、一年目は生徒たちとの信頼関係構築のみで終わるかもしれないと考えていた。ところが、定演や夏休み中の練習・合宿などでラポートが育まれ、その結果、ずいぶん突っこんだ部分まで指導をすることができた感がある。


本番前の舞台袖では、生徒たち一人一人と、こぶしとこぶしを付き合わせて気合い十分。


課題曲はF1「Duo Seraphim clamabant」。


少々、語尾の処理がもたついて音楽が重くなった部分があったものの、なかなかいい演奏をしてくれた。若干、浅めの発声は県大会までには直しきれなかった。


自由曲は三善先生の「風に、風から」より「冬はあまりに・・・」と「かざぐるま」。


生徒たちは自信を持って歌ったように感じる。ステージを楽しむことができたと、多くの生徒が振り返っていた。Tuningはまだまだ未熟。しっかりと声を出せない生徒がまだまだいるので、そういった子たちの成長が今後の鍵となる。ピアノとかみ合わない部分があったのはご愛嬌と言うことでσ(^◇^;) 関東は前日にピアニスト練習が組めるのでなんとかなるだろう。



混声合唱団ルックスエテルナ。


何度目の対決だろうか。しかも今年は真の一騎打ち。ライバルは全国区。


8月に入ってから、Tuningはおねいさま練にゆだね、私はもっぱら音楽の流れを団員に伝える手段に出た。ピーターフィリップス先生がおっしゃっていたけれど、本当なら、音楽よりも前にTuningだ。また、確かなTuningは基礎力あってのもの。発声があやふやではTuneもあやふやになる。しかし、演奏に完成形はないのだし、Tuneを鍛えつつ音楽面にも切り込んでいかないと、結局はどっちつかずの演奏になってしまう。


ちょっと賭けではあったのだけど、今回はうまくいったようだ。棒を振っていて、観衆がわれわれの音楽に吸い込まれているのを背中で感じた気がした。それにしても、Tuningはまだまだだなぁ。。


演奏を終え、審査結果発表。


佐女高生たち、全員残って発表待ち。中央下手寄り、なぜか一番後ろの列(笑)。ルックスエテルナのみんなは下手側。みんなの顔が見えないので、私はステージ上手袖に移動。


みんな、うれしかったねー!どちらの団体も県代表に選ばれました。


理事長賞こそ、今回は手に出来なかったけれど、関東→全国とコマを進めて、客席をうならせる演奏ができればいいのだ。それには明日からまた、修行を積み重ねる日々。勝って兜の緒を締めよ、だ。


閉会後、部員たち一人一人と両手を合わせて喜び合う。みんなのさわやかな笑顔、忘れられないなぁ。私は顧問として本当に恵まれている。部員たち全員が大好きだ。


その後、事務局の仕事を走り回って済ませ、ホテルにチェックインの後、ルックスエテルナの打ち上げ会場へ。楽しい宴会だった。久しぶりにカラオケにも行ったけど、途中からうつらうつらと居眠りしちゃいましたσ(^◇^;)


さぁ、気持ちを切り替えなくちゃあね!関東ではどんな演奏ができるのか、期間は短いけれど、まだまだ伸びる。どんどん伸びる!!

拍手[0回]

PR

2009/08/30 (Sun.) Trackback(0) Comment(0) 混声合唱団ルックスエテルナ

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Trackback

Trackback for this entry:

プロフィール

HN:
♪うっちい
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1971/03/23
趣味:
ガーデニング

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア


↑アマゾンで商品検索!

最新コメント

[02/05 うっちい]
[02/04 北斗七星]
[08/31 ユデン]
[08/31 うっちい]
[08/31 ユデン]

最新記事

最新トラックバック

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

アクセス解析