忍者ブログ

2017
10
20

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/10/20 (Fri.)

2010
07
09

辿り着いた先には何が

勤務校のクラスマッチ。もう、素晴らしい。ダンスなんて、そのまま全世界に放映したいくらい。


非常にタイトなスケジュールで家には寝に帰るような状況がひと月近く続いていたところ、まさに休めないタイミングで母が倒れた。まぁ、大事には至らなかったが、案外、自分がやらなくてはどうにもならないと思っていたことも、やむを得ない状況のため頭を下げ人に仕事をなすりつけたりしてみると、なるほど、人間というのは助け合って生きていくのが自然な姿なのだなぁ、と人ごとにように思ってみたり。。。


そんな中、今日はお昼少し前から出勤し、午後いちがダンスだった。いやぁ、素晴らしかった。その感想は今日は書かない。またいずれ。


放課後、クラスマッチで疲れているのに3/4程度が部活に来てくれた。吹奏楽部合同定演のパンフの締切が19時で締切に追われてはいたのだけれど、約20分、合わせを見る。


音楽が鳴り始めると、私の脳みそはものすごく活性化する。ああしたい、こうしたい、こうやった方が、ああやった方が。


いつの頃からだろう。こんなに音楽に没頭するようになったのは?性格的なものもあり、よく妥協はしている。だけど、年々、妥協の度合いを減らしつつもやんわりとメンバーに無理を押しつける術を身につけつつあるような気がしなくもない。


ところで最近、よく考える。


私は、こうして没頭している音楽で何か夢を叶えようとしているのかどうか、と。


もちろん、コンクールで自分の団体が全国区になることを夢見るし、自分の音楽が世界に高い評価を受けることを夢想したりはする。しかし、それが最終目標ではない。


では、何のために音楽をやっているのか?


・・・・・・・・


明確な答えは出てこないのである。明確な答えが出てこない事象を、人は「神」と呼ぶ。なるほど、音楽は「神」なのか。


音楽が神であるならば、音楽に身を捧げるのも悪くない。


「辿り着いた先には何があるか」こんな疑問は成り立たない。相手が神ならば、「辿り着く」ことすらできなはずだから。





だけど、共に歌うメンバーには、そんな私の思いを押しつけることはできない。メンバーたちには、自分たちの音楽を評価されるといううれしさを体験して欲しいし、自分たちの音楽が人々に感動を与えているのだという、確かな実感を感じて欲しい。そして自信を持って欲しい。


私は音楽=神に身を捧げ、メンバーたちはコンフィデンスを我がものにする。


さぁ、明日はクラスマッチ二日目。窓の外は雨。外競技のサッカーはどうなるのかな?そして夜はL団。バードはどうなるのだろうか?


体重が削れていく毎日ではあるけれど、充実しているって素晴らしい。


拍手[0回]

PR

2010/07/09 (Fri.) Comment(0) 指揮者の独り言

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
♪うっちい
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1971/03/23
趣味:
ガーデニング

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア


↑アマゾンで商品検索!

最新コメント

[02/05 うっちい]
[02/04 北斗七星]
[08/31 ユデン]
[08/31 うっちい]
[08/31 ユデン]

最新記事

最新トラックバック

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

アクセス解析