忍者ブログ

2017
10
18

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/10/18 (Wed.)

2009
11
03

月下の雲は風に流れて

満月

月下の雲は風に流れて。


私は月を愛している。なにしろ、ここをブックマークしているほどだ。今日は満月。あまりも月が美しくて写真に納めたが、写真の月なんて・・・。


目の前のあなたの方が、どれほど美しいか。息を呑むほど美しい。時間を忘れてしまうほど美しい。


月下の雲は風に流れて。


同名のオルゴール曲は拙サイト「うっちいの音楽箱!」で公開しているので、興味のある方はどうぞ。


うっちいの音楽箱も、はやっている時は一日に5000ヒットくらいしていたのだけど、今は400ヒット弱で推移している。栄枯盛衰。


ま、ここ数年、新曲は入れていないしな。指揮者をやめることがあったら、また曲を書こう。指揮者は、73歳に引退予定。←人生設計


9時~13時まで、勤務校のコーラス部指導。


音に対するシビアさにかける1~2年生。発声面は伸びてきているのに、この点が追いつかない。とは言え、あんまりうるさく言うとメンタルに響いてしまう可能性があるし、かけひきが難しい。


ただ、今のままでは確実に銅賞だ。


せっかく酸いも甘いも知った人間が顧問になったのだから、「甘い」経験をさせてあげたいものだ。


今日の練習はなかなかよかった。私は芝居っ気がないので、なかなか一般受けする指導を展開できない難があるのだけど、今日はまあまあの練習ができた気がする。


私自身が進化しなければ、勤務校の生徒たちにいい思いをさせてあげることなんてできやしない。変わらなくては。強くならなくては!


部活の後、受験生の個人課外。今日は聴音。ずいぶん、コツを掴んできた印象。がんばれよ。





今週末、G団の本番がある。


G団は、観客動員が1000人前後という、県内アマチュア合唱集団としては極めて稀な集団。決してうまいわけではないのだけど、音楽監督の片岡先生の力・音楽性、そしてそこに集う団員の努力、それらの相乗効果で毎年ものすごい数のお客さんが演奏会に足を運んで下さる。


ネタバレだが、実は私は今年のステージを終えた後、2~3年の休養をいただく予定だ。理由は打ち上げで述べる。G団を愛している私にしてみれば、苦渋の決断だが、やむを得ない。


そのG団のステージのことが、ここのところずーっと頭にあって離れない。休養前の最後のステージをどのように過ごすか。どんな棒を振るべきか。そんなこと考えたところで、生き物である音楽を本番中にうまく操れるかどうかはわからない。


でも、G団は、前の日記でも書いたけれど、指揮者内田等を生み出した団。いくら感謝してもなお足りない。


きっと、今回のステージでは、恩返しはできない。それはもっと先の仕事にしよう。


あと4日で、その日を迎える。なんだか胸が熱くなる。


拍手[0回]

PR

2009/11/03 (Tue.) Trackback(0) Comment(0) 指揮者の独り言

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Trackback

Trackback for this entry:

プロフィール

HN:
♪うっちい
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1971/03/23
趣味:
ガーデニング

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア


↑アマゾンで商品検索!

最新コメント

[02/05 うっちい]
[02/04 北斗七星]
[08/31 ユデン]
[08/31 うっちい]
[08/31 ユデン]

最新記事

最新トラックバック

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

アクセス解析