忍者ブログ

2017
10
20

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/10/20 (Fri.)

2009
10
14

新曲

今年も連盟コンで全国にコマを進めることができなかったため、さっそく「新曲」モードに移行。実際には、G団の本番を控えているため、身も心も新曲に打ち込める状況ではないのだけど、個人的にはこの期間、つまり、新曲を自分の脳みそで鳴らしている期間がこの上なく好きだ。


なぜなら、脳みその中では理想の音しか鳴らないから。


L団のアンコン曲は、もう脳みそでは出来上がっている。あとは理想を現実にするだけ。今年も全国にコマを進めたいなぁ。


コンクール自由曲については選曲段階だけど、ずいぶん固まってきた。


勤務校のアンコン曲は、CD化されていないパレストリーナのミサ曲。スコアリーディングの時点ですでに脳みそで理想の音は鳴っていたのだけど、今日、MIDI化してパソコンに演奏させてみた。なーんて幸せで平和な音楽だろう。コンクールに平和な音楽を持ってくるといい結果が出ないことはよくわかっている。しかし、アンコンならこういう選曲も十分イケるはず。


ただ、悩ましいのはラテン語テキストが長いため、ラテン語初心者の高校生がとっついてくれるかどうか、いささか不安なところ。その上、勤務校は12月下旬に、地元の第九演奏会への出演依頼がきている。一年生は第九のドイツ語も暗譜しなくてはならない。


それにしても、なぜ第九ってああもオペラポジションもどきで歌ってしまうことが多いだろうか?コーラスポジションでいいのに。


決して、オペラポジションが悪いと言っているわけではない。だけど、あの声は一握りの人たちのためにあるのだ。われわれ一般人が真似ても、「モドキ」にしかならない。


私はそれよりも、もっと手が届きそうなところにあるコーラスポジションを手に入れて、みんなで力を出し合って集団で上質な藝術をつくっていきたい。自己満足するよりも、チームで感動的な音楽を創り上げたい。一人だけ心地よくなって充たされるよりも、みんなで盛り上がって涙したい。



仲間と音楽を創りたい。一緒に歌って、一緒に気分良くなりたい。共同作業をしたいのだ。



とかなんとか熱弁を振るったけれど、コーラスポジションですら、簡単には手に入らないのが現実σ(^◇^;) 藝術って、敷居が高いね~。。。


拍手[0回]

PR

2009/10/14 (Wed.) Trackback(0) Comment(0) 指揮者の独り言

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Trackback

Trackback for this entry:

プロフィール

HN:
♪うっちい
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1971/03/23
趣味:
ガーデニング

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア


↑アマゾンで商品検索!

最新コメント

[02/05 うっちい]
[02/04 北斗七星]
[08/31 ユデン]
[08/31 うっちい]
[08/31 ユデン]

最新記事

最新トラックバック

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

アクセス解析