忍者ブログ

2017
07
25

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/07/25 (Tue.)

2009
11
05

指導者の話術

某部会の某研修。


松下耕先生の話を聞いていて感じた。名を馳せる指導者というのは、得てして話術に長けている。のっけからグイグイと引き込まれる。


学生時代にお世話になった栗山先生も話術巧みだし、桂冠指揮者田中先生の話術も神業的だ。


私の話し方は回りくどいし、わかりにくいし、しまいにゃ練習の最後にけなしたりして、全くなっていない。昨日も練習の最後に、勤務校の子たちに、このままじゃ銅賞だと言ってしまったなぁ(;^_^A


このあたり、もう少し勉強しないことには成長できないな。


こんな私だけど、二十歳前後の頃、兄に「おまえは立派な詐欺師になれる」と褒められたことがある。いや、褒められたのかどうか。おまえがしゃべると、みんな本当に聞こえる、と。真面目な顔、何も知らないようなウブな顔をして、よくぞそこまですらすらとウソをしゃべることができるなぁ、と。。


私が結婚したとき、披露宴の会場で兄が「インチキな弟ですいません」と言いながら、各テーブルを回っていたのが思い出される。


そうかぁ!


真面目な顔をしてウソを言う、か!!この方法があったか!これを昇華させて、巧みな話術に変えてみるか!?


・・・


それにしてもネタ不足だな。ネタは実体験から仕入れなくてはならない。そろそろ引き出しにしまっていたネタも尽きてきた。勉強しに出かけて、ただぼけっとしているわけにはいかないな。指導しているグループのみんなに、何かおみやげになるようなネタを仕入れることができなければ、指導者失格だな。


普段の生活の中からもネタを見つけることができるはず。とは言え、ネタ、ネタ、とあんまりどん欲すぎてもうまくはいかないのかな?自然体で、いろいろと経験するのが、遠回りに見えて逆に近道なのかもしれない。





さてさて!


明日は前日リハーサル。
明後日は本番。本番っていいね。言葉はいらないものね。ネタとか、もう関係ない。指揮者は棒で示して、演奏者は音で応える。聴衆を、一瞬でもいいからぞくぞくってさせたいものだ。それが我々の仕事だ。


がんばろ!(^^)!


拍手[0回]

PR

2009/11/05 (Thu.) Trackback(0) Comment(0) 指揮者の独り言

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Trackback

Trackback for this entry:

プロフィール

HN:
♪うっちい
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1971/03/23
趣味:
ガーデニング

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア


↑アマゾンで商品検索!

最新コメント

[02/05 うっちい]
[02/04 北斗七星]
[08/31 ユデン]
[08/31 うっちい]
[08/31 ユデン]

最新記事

最新トラックバック

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

アクセス解析