忍者ブログ

2017
10
18

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/10/18 (Wed.)

2010
01
10

ホール練習

昨日(9日)は充実した一日となった。


まず、午前中は宇都宮市文化会館で高等学校音楽祭に勤務校コーラス部が出場。正直、まだステージに乗せるレベルには達していなかったのだけれど、度胸試しで。。生徒たち、全員暗譜で本番に臨んでいたのはエライ!


演奏の方はどうだったかというと、事故多発、あらららと言った感じσ(^◇^;) しかし、アンコン3週間前ということを考えると、顧問的には彼女達に合格点をあげてもいいかな、と。甘いか!?


吹奏楽部の演奏を聴きたかったのだけど、午後から教育会館でホール練習を組んでいたので、部員たちをピストン輸送。


ホールではまず、午前中ホール練習をしていた作新の音楽部と交歓会。作新の演奏をみんなで聴く。私の大好きなヴィクトリアの2曲。様式感のある演奏で好感が持てる。


佐女の演奏も作新の子たちに聴いてもらった後、みんなで信長さんの『うたを うたう とき』を合唱。墜落しそうになりながら、なんとか。


こういう交歓会って、時間的には短くても、結構、生徒たちの心に残るものだと考えている。お互い、刺激になったことは間違いないし、今後、大会会場で顔を合わせた時に、親近感を持って接することができる。ありがたい時間であった。


佐女のホール練習は非常に密度の高い練習を展開することができた。おねいさまに、私が表現したい音楽について説明をし、実際に鳴っている音楽の方向性がどうなのか指摘をしてもらいながら、生徒の発声も見てもらう。


こうして、第三者の目で見てもらうことで、いかに私が日々の練習の中でその音楽に慣れすぎてしまって、ついには妥協してしまっている部分があることに気がつく。生徒は顧問の言うことをよく聞いてくれる。ということは、私が妥協してしまっては、生徒たちの力を100%引き出すことはできないわけだ。改めてこのことに気が付かされる。


音楽って、自分との戦いなのだなぁ。


夜は同じ会場でルックスエテルナの練習。帰宅前の佐女高生と木下先生の「夢みたものは」を合唱。その後、ホールでのトーンを確認しながらエレミアの哀歌を練習。


L団があとひとつ上のランクにいくために、化けたい部分。それはやはり発声面。これは、毎日の積み重ね。週末の練習だけでは難しい。ちょっとした時間に、鏡で自分の口の中を確認したり、筋トレをしたりして、アタリのある声を見つけていきたいところ。


21時過ぎに解散。ぐったりして、途中居眠りしそうになりながら帰宅。。。





ホールにはそれぞれクセがある。そのクセを、客席で確認したり録音して確認したりすることは、よりよい表現をするためには意義のあることだと考えている。


ただ、ホール練習は・・・・お金がかかる(O.O;)(o。o;)


--------
ところで今日、L団Sopのこむが女の子を出産。ママに。おめでとう。hatash先生もパパになるわけだ。うーむ、hatashがパパか。ニャハ(=^..^=)

拍手[0回]

PR

2010/01/10 (Sun.) Trackback(0) Comment(0) 指揮者の独り言

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Trackback

Trackback for this entry:

プロフィール

HN:
♪うっちい
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1971/03/23
趣味:
ガーデニング

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア


↑アマゾンで商品検索!

最新コメント

[02/05 うっちい]
[02/04 北斗七星]
[08/31 ユデン]
[08/31 うっちい]
[08/31 ユデン]

最新記事

最新トラックバック

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

アクセス解析