忍者ブログ

2017
12
12

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/12/12 (Tue.)

2010
08
30

ふた色の涙

L団金賞・県代表、全日本理事長賞。
勤務校金賞。ダメ金。



ああ。生徒たちの長い夏が終わってしまった。俺が終わらせてしまった。帰りの車の中で、生徒たちの涙を思い出して、涙が滔々と溢れ出た。課題曲の最初の1ページで決まってしまった。足りなかったなぁ。もっともっと、チューニングに留意できるよう生徒たちを導かなくてはならなかった。


時には鬼になってでも、生徒たちを磨き上げなくてはならないのだ。俺は生ぬるい男だなぁ、つくづく。


3年生たち、ごめんな。。。すばらしい3年生だった。愛する3年生だった。


L団。


全日本理事長賞をいただいたことを、まずは手放しで喜んでいいかも。ただ、賞をいただいてもそれに満足できない団員たちの心意気は素晴らしい。


確かに、今のままでは関東に出場しても、遊びに行って終わり、だ。


栃木にルックスエテルナあり!ルネサンス集団あり!これを関東にアピールしてこなくては、県代表として関東大会に出場する意味はない。


これからが勝負だな。あとひと月半、またコツコツとがんばろう。



ああ、今日は悲しい涙とうれしい涙の、ふたつの色の涙が流れる、奇妙な日となった。


なんだか、眠れそうにない。


拍手[8回]

PR

2010/08/30 (Mon.) Comment(5) 指揮者の独り言

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

昨日はお疲れ様でした
途中から来たので佐女は聴けなかったのですが…
ルックスエテルナは聴く事が出来ました
とても感動しました。
課題曲ではうっちい先生も一緒に歌ってましたね。うっちい先生はアルトなんですか

後輩たちの頑張りも見られたので行って良かったです溿

関東大会は聴きに行けるかどうか分からないのですが…応援してます
頑張って下さい煜

も  2010/08/30 (Mon.) 12:23 edit

> も さん

T女の演奏、舞台袖で聴きました。自由曲が見事だったなぁ。3年生がいない中でのあの演奏は本当に素晴らしい。

ちなみに私のパートは、バスからアルトまで、です。
(。-∀-)ニヒ♪

うっちい  2010/08/30 (Mon.) 21:33 edit

コンクールお疲れさまでした。
毎回先生の指揮される合唱、そして生徒のレベルの高さに感服させられます。
突然ですが、私は県内県立高の合唱部で部長をやっているものです。
今回、先生のブログとこの記事を読ませていただき、深く考えさせられ、心の内を先生に聞いていただきたくコメントさせていただきます。

この様な形での質問となり大変失礼と承知の上ではありますが、一言でもお答えいただけたら幸いです。

本校は今回のコンクールの参加を見送りました。
それは私たちの合唱は審査員の先生や観衆に聴かせるだけのレベルに達しないとの私の判断から、顧問に進言しました。

私たち合唱部のレベルはホントに低いもので、学芸会の域を脱しません。練習回数や内容などはとても貴校には及ばないものです。顧問は「楽しく合唱出来れば」と言っていますが、ある程度のレベルに達していない私たちの合唱は楽しむ段階でもないと感じています。
私個人としましても、高校で本格的に合唱を、と思っていましたが引退を前にして、何も得ていないことが悔やまれます。厳しくても、辛くても貴校の生徒の皆さんのように、感情があふれ涙を流せるような合唱をやりたかったのです。
お分かりになると思いますが、本校の顧問は力のない人ではありません。私たちが顧問の力を発揮させるレベル、「生徒の為に」と奮起させられるレベルにないのです。
勉強が、環境がと言い訳を探してしまいますが合唱をやる以上、高みを目指し、音を探求しなければ意味がないと思います。
私は今週の学校祭での演奏を最後に引退しますが、中学生までを含めた後輩たちに私と同じ思いをさせたくなく、また貴校の様な合唱をしてもらいたいのです。
合唱部が生まれ変わってくれるために、恥ずかしながら、私には経験不足のため後輩たちに伝える言葉がありません。このような部に対して先生なら何をお伝えになるのか。私はなにを伝えるべきか。先生に教えていただきたく思います。
失礼をお許しください。

ユデン  2010/08/31 (Tue.) 01:49 edit

> ユデンさん

はじめまして!書き込みありがとうございます。

ユデンさんのように、好きなことを精一杯やりたいのに環境が整わずに臍を噛む思いをしている人は世の中にたくさんいます。

孟子の言葉に「天時不如地利。地利不如人和。」というのがあります。これを合唱に当てはめてると、いくら運が良くても、環境が良くても、共に歌う仲間にめぐまれなくては合唱はできない、とでもなるでしょうか。

ユデンさんは、共に歌う仲間がいたわけですから、これは幸せなことなんだと思います。独りでは合唱はできませんから。

ただし、よりハイレベルな音楽をやりたい、という欲求を満たすのには困難な状況だったということでしょうか。そういう環境下にない、そういうレベルに到達できる見込みがないと感じられたのかもしれません。そして、そういう思いのまま引退の日が迫ってきているというのは、志の高いユデンさんにとっては耐えられない。すごく気持ちがわかります。

私ならどうするか、私なら生徒たちにどんな言葉をかけるのか。それは今回は置いておきたいと思います。でもユデンさんは、後輩たちに自分の思いを言葉で伝えるのがいいと思います。コンクールに出場できるレベルを維持し、もっともっと情熱を燃やしたかったという思いを、熱く語ってはいかがでしょうか?

きっと、ユデンさんの言葉が心の琴線に触れる後輩があらわれることでしょう。もしかするとその後輩が、未来を変えてくれるかもしれません。

一人の情熱が周囲に飛び火して、貴校合唱部の歴史が動くかもしれません。


先輩の言葉というのは、後輩たちにとってとても重いものです。なぜならそこには、ともに時を歩んだ「親近感」と一年・二年先を歩んだ「経験」があるからです。戦略的に語るもよし、ざっくばらんに語るもよし。先輩の言葉は、後輩の宝になるはず。


ぜひ、ユデンさんが到達したかったレベルを、ユデンさんが夢見た音楽を、ユデンさんが思い描く後輩たちの栄光を、とくとくと語ってあげてください。



ところで私は、貴校が今年も出場してくれるものだと思っており、演奏を楽しみにしていました。コンクールは代表校や金賞校のために存在するのではなく、もともとは「音楽」のためにあるのだと思っています。一人の小さな力が、部員団員の終結により大きな力と化ける。共に音楽を奏でる仲間たちの精一杯の音楽は、たとえ拙くても人の心を動かすものです。

信頼するN先生と一体化して、心をうきうきさせながら歌う。大勢の観客の前で歌う。こんなに素晴らしい体験は、きっとほかではできないのではないでしょうか。

ぜひ、学校祭でうきうきわくわく楽しみながら演奏をしてください。あなたたちの音楽に心を動かす人が必ずいる。人の心を動かすことができるなんて、素晴らしいと思いませんか?あなたたちが、人の心を動かすのです。


きっといい演奏をしてくださいね!


うっちい  2010/08/31 (Tue.) 21:51 edit

丁寧な回答に感謝いたします。
本当にありがとうございます。
正直、コメントさせていただくにあたって、面識も、話をしたこともなく、高いレベルの先生に質問なんて相手にされないのでは。他校のことにかまっていただけないのでは。と思っていましたが杞憂のようですね。
先生は私の思いを理解してくださりました。引退を前に少し胸のつかえがとれた気がします。先生がおっしゃるように、私の思いを後輩に伝えたいと思います。
「合唱は素晴らしいんだよ。でも知れば知るほど、歌えば歌うほどにその魅力は理解できるんだ。」と。
私の言葉で少しでも合唱部が美しい合唱へ踏み出すことを願って。
そしていつか貴校の様な魅せる合唱をし、一緒に高みをめざし、音の可能性を探求できる仲間になれる日が来ることを願っています。
このたびは本当にありがとうございました。

ユデン  2010/08/31 (Tue.) 23:41 edit

プロフィール

HN:
♪うっちい
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1971/03/23
趣味:
ガーデニング

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンク

カテゴリー

フリーエリア


↑アマゾンで商品検索!

最新コメント

[02/05 うっちい]
[02/04 北斗七星]
[08/31 ユデン]
[08/31 うっちい]
[08/31 ユデン]

最新記事

最新トラックバック

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

アクセス解析