忍者ブログ

2017
10
20

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/10/20 (Fri.)

2010
01
13

蛍の光

週末はセンター試験。受験生たちの表情が違う。明らかに違う。勝負モードだ。


受験が一段落すれば、3年生は巣立っていく。卒業するのだ。もうそんな時期なわけだ。


ところで勤務校は卒業式に「蛍の光」を歌う。今日の放課後まで式歌だと思い込んでいたのだけど、どうやら卒業生退場の際にみんなで合唱するということらしい。吹奏楽部顧問のM先生が教えてくれた。


いまどきの生徒は「蛍の光」をよく知らない。「仰げば尊し」は歌われても「蛍の光」は歌われないその理由はなんなのだろう。どちらも名文。旋律も美しく、別れに相応しい音楽。時代の流れ、なのだろうけれど、こういうこと一つとっても、「流れに乗る」ということがいかに難しいのか、つくづく考えさせられる。


音楽の授業でこの「蛍の光」を取り上げているのだが、そんなこんなで、取りかかりは詞の解説から。私は幼い頃からオタク心旺盛だったので、蛍の光の歌詞については強い。意味もわからず歌を歌うのがイヤなタチだったので、そこそこ歌詞の意味は理解していた。


それどころか、小学2年のときには、本当にホタルの光だけで本が読めるのかどうか実験したくらいだ。


袋にヘイケボタルをたくさんつかまえてきて、暗い部屋で本を読もうとしたが、光が弱くて全く読めなかった。そのうち、袋のホタルたちは酸欠で全滅。


ま、それは置いておいて。。。


歌詞の解説を、しっかり譜面にメモる生徒たち。この真面目さ、好感が持てる。この子たちは将来、きっとすばらしい大人になる。




とまるも行くも限りとて
互みに思う千万の
心の端をひと言に
幸くとばかり歌うなり




ああ、美しい文章。勤務校の生徒たち、ひとりでも、この美文に心を震わせてくれたなら、指導者冥利に尽きるというものだ。




------------

今日の部活。


三歩進んで二歩下がる。


・・・・・・・・・二歩下がったような。。。。。。。。。


声のスランプは感じられない。では、何が原因か?昨日、顧問が不在だったのが影響したのか?それとも?


ま、あせらずくさらず、だなぁ。あのこたちのことだから、きっと間に合ってくれる。



拍手[3回]

PR

2010/01/13 (Wed.) Comment(0) 勤務校

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
♪うっちい
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1971/03/23
趣味:
ガーデニング

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア


↑アマゾンで商品検索!

最新コメント

[02/05 うっちい]
[02/04 北斗七星]
[08/31 ユデン]
[08/31 うっちい]
[08/31 ユデン]

最新記事

最新トラックバック

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

アクセス解析