忍者ブログ

2017
07
25

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/07/25 (Tue.)

2010
08
20

発表会

OG1年生たちが遊びに来てくれたので、今日はコンクール直前発表会を強行。


聴衆がいると、なぜかいつも通りに歌えないもの。また、真剣勝負をしようとすればするほど、細かい失敗にうろたえてそれが積もり積もって全体が崩れるもの。


これを克服できるかどうかが鍵。


先輩たちがアイスの差し入れをしてくれたので、みんなでごちそうになってから発表会スタート。


露営のともしび。
うーん、ピッチが悪い。ピッチが悪いと、音楽に身が入らない。

Hodie Christus natus est。
これもピッチが悪い上に、縦の線が合わない。


しかし、この2曲はNコン後に本腰を入れる曲なので、この程度の崩れ方ならまぁ仕方がないところ。大きなミスはなかったし、いいところもあった。


Ave maris stella。
冒頭のピッチはまぁまぁ。ただ、下の支えが若干弱い声なのが気になる。その後の流れはそこそこ良かったが、クライマックス直前の不協和音部分のハモリが今ひとつ。ここを制しないことにはこの曲は料理しきれない。練習ではなかなかよい音がなっていたのだが、やはり聴衆を抱えると魔物が現れる。ただ、全体的にはなかなかの出来映え。


いのち。
これはちょっとグダグダだったけれど、いつもの50%ぐらいには歌えたかな?曲がいいので、そんな出来でも先輩たちは「おー!」と感嘆の声をあげてくれたようだ。


先輩たちのオフィシャルの感想は、「声の鳴りがよい」「パートがひとつになっている」「ぞくぞくした、涙腺崩壊しかけた」など。


「声の鳴り」だけでは元気の良い合唱団で終わってしまうのだけど「パートがひとつに」というコメントには救われた。これこそ、今のコーラス部に求めているものなので、何気ないコメントにこういう言葉があったということに安堵感を覚える。


先輩たちの非オフィシャルの感想。「不協和音があるのですか?不協和音ならいいんだけど、不協和音じゃないのならおかしいかなぁっていうところがありました」と言った内容。


うーむ。これはドンピシャなアドバイスだ。きっと、Ave marisの不協和部分のことなのだろう。少しでも崩れると、自信のないサウンドになってしまう。さすが先輩たち、これを察知したのだろう。


不協和音は、自信を持って鳴らすのが吉。思い切りぶつけるのが吉。


特にアルト1が難しい。声の鳴りのよいパトリと、ピッチのよい2年生がタッグを組んで持ちつ持たれつの音を出してくれれば、きっとクリアできる。1年生は、先輩の音を聴いて声を出している。先輩たちの「自信」にかかっているな。


ソプラノ2も難しい。自信を持って音を出さないと、すぐにアルト1の音程に吸い寄せられてしまう。


とにかく、ここが最大の山場であることは確か。


・・・・・・・・・・・・・・・・・


卒業生たちの近況をそれぞれ聴いてみた。みんなしっかり道を歩んでいるようでひとまず安心。


ひさかたぶりなのに、なぜだか昨日までコーラス部にいたような錯覚に陥ってしまうのはなぜか?たった一年しか共に時を共有していないのにね。


卒業生も現役生も、みんなみんな、可愛い可愛いコーラス部員だ。みんな、光り輝く人生を歩んでいって欲しい。幸せになって欲しい。イケメンで高収入のダーリンをゲットして欲しい。


部員やOGに囲まれて、今日はとってもハッピーな一日となった。


拍手[2回]

PR

2010/08/20 (Fri.) Comment(0) 勤務校

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
♪うっちい
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1971/03/23
趣味:
ガーデニング

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア


↑アマゾンで商品検索!

最新コメント

[02/05 うっちい]
[02/04 北斗七星]
[08/31 ユデン]
[08/31 うっちい]
[08/31 ユデン]

最新記事

最新トラックバック

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

アクセス解析