忍者ブログ

2017
10
20

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/10/20 (Fri.)

2010
02
17

息抜き。。。

学年末試験。


この期間、音楽教師の時間はマターリ過ぎていく。。。と思いきや、普段となんら変わらず。連盟事務局の仕事はいつものこととして、それ以外にも締切に追われている仕事をいくつか抱えている。


おかげで筋トレができない。


放課後、何人かが音楽室で勉強していたので、息抜きに顔を出してみたら、歌姫にクジャクの鳴き声のマネをさせられた。部活の時、一度やったことがあったらしい。うーむ???俺、やったっけ?


もしかして、私が生徒たちの息抜き役かψ(`∇´)ψ ?ま、頑張っている生徒たちのためなら、クジャクのマネもいいか。


てゆーか、なぜ、クジャク?


思うに、生徒たちってほとんど息抜きしている暇はないんだね。高校生活はたったの3年間。3年生になったら、あっという間に受験。部活をやり抜きたいけれど、勉強もしなくちゃならないし、時には遊びにいきたい。


うまくバランスを取りたいけれど、全速力で走りながらでは、バランスを崩すことがあるかもしれない。教師はボクシングのセコンドのように、戦う生徒たちに「目の覚めるような」アドバイスができなくてはならないんだなぁ。クジャクの鳴き声だけでは、目は覚めないなσ(^◇^;)


生徒たちは勝ち抜かなくてはならない。倒されても、また立ち上がらなくてはならない。


長いこと携わってきた特別支援教育。教師は、子どもたちがいつか踏み出す一歩のためのセコンドだった。その一歩が出たときの喜びは一入だった。何度、感涙を流したかわからない。


打ってかわって高校は、全速力で走り抜いて思いっきりゴールテープを切るような、あるいはバーを跳び超えようと思いっきりジャンプをするような、スピード感のある世界だ。そのことを、異動してもうすぐ一年、今、猛烈に実感している。


ただひとつ、思うのである。たとえ転んでも、それは強烈な経験として、将来勝ち上がるための血となり肉となる。勝つことのみが美しいのが勝負の世界。だけど、転ぶ=負けではない。また立ち上がって走れば、必ずその先に行けるのだ。


だから、転ぶことを恐れず、足がもつれてもいいから、今は走るのだ。ゆけ、高校生!


夢は、描き続ければ、必ず叶う。

拍手[2回]

PR

2010/02/17 (Wed.) Comment(0) 勤務校

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
♪うっちい
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1971/03/23
趣味:
ガーデニング

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア


↑アマゾンで商品検索!

最新コメント

[02/05 うっちい]
[02/04 北斗七星]
[08/31 ユデン]
[08/31 うっちい]
[08/31 ユデン]

最新記事

最新トラックバック

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

アクセス解析