忍者ブログ

2017
10
20

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/10/20 (Fri.)

2009
11
09

女子高で混声合唱の野望が

勤務校で理科の研究授業があり、授業研究会の後、二人の合唱人が準備室に遊びに来た。一人はルックスエテルナの畑先生、もうひとりはU合唱団のK先生。二人とも高学歴の理科の先生。


たまたま今日は部活の最初の時間に、受験生の面接指導が入っていたため、無理矢理、畑氏に発声体操をお願いする。この体操がまた一部の人たちからはブーイングをもらっているのだけど、筋力がしっかりしている人、あるいは体がしなやかな人にはきっと効果があるのだろう。とゆうか、私自身はこの体操をよく知らなかったりして(笑)


で、そのまま、お二人ともパート練習に付き合ってもらう。いやー、ぜいたくなパート練習。なにせ、各パートに一人ずつベテラン合唱人が割り当てられたわけだ。


こんな日があってもいい。きっと、もうこんなことはないな。


練習後、余興として何か混声曲を歌おうと思ったのだけど、うまく選曲できずに断念。部員たちに、一度は混声ア・カペラの楽しさを味わわせてあげたいと思っているのだけど、今回はおあずけ。


さて、5日ぶりの顧問による練習だったけれど、土日が進研模試で練習がつぶれた割りには、一歩前進していた印象。今日は4~5名の欠席者がいたのだけれど、それでもなかなかよく歌えていた。


だけど、やはりまだまだ音に対する意識は甘い。100%に近づこうと努力することがルーティーン化しない限りは、県で金賞が最終目標の仲良しグループになってしまう。仲良しグループでは、真の自信を身につけさせてあげることができない。


私には大好きな言葉ある。


名騎手、武豊の言葉。
「勝つことこそが美しい」


そうなのだ。負けた後でいろいろと言い訳をしたり、戦ったことに意義があるなんて言っているうちは、美しくないのだ。私は美しいものが大好きだ。美しいものに囲まれて、できれば自分も美しくいたい。勝ち組、常勝組に回りたい。


ただ、勝ってばかりが花ではない。北方謙三がこう言っている。
「負けの味を知れ」


両方を知ってこそ、深みが出るのだろうな。


徐々に徐々に、かな。


拍手[1回]

PR

2009/11/09 (Mon.) Trackback(0) Comment(0) 勤務校

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Trackback

Trackback for this entry:

プロフィール

HN:
♪うっちい
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1971/03/23
趣味:
ガーデニング

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア


↑アマゾンで商品検索!

最新コメント

[02/05 うっちい]
[02/04 北斗七星]
[08/31 ユデン]
[08/31 うっちい]
[08/31 ユデン]

最新記事

最新トラックバック

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

アクセス解析