忍者ブログ

2017
10
20

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/10/20 (Fri.)

2010
09
25

感じる

午後3時。所用があって勤務校を後にする。愛車の示す気温計は21度。秋の風にあたりたくて、クルマの窓を少し開けると、外の喧噪が耳に飛び込んでくる。


空には重たい雨雲。街の喧噪。


なんだか自分が、水の中の、流れの影響をあまり受けないよどみの深くにいて、ぶくぶくと息をしながらゆったりと休んでいるサンショウウオのような気分になる。


ああ、この感じ。私は思う。この感じは、ことある毎に思い出す、あのときの大気の雰囲気に似ている。


それはまだ私が幼稚園にあがる前のこと。母に連れられて、電車で数駅の街にある人の御見舞にいったときのこと。私の田舎にある黒磯駅は、そこから南に向かう電車と北に向かう電車とでは、種類が違っていたが、その日は北に向かう茶色い電車に乗った。


駅を降り、果物屋で御見舞のためのフルーツを母が買う。ついでに棒チョコを買い与えられた私は、思いもかけないご褒美にご満悦であった。


あのときの空、あのときの大気と、今日のこの空気は同じだ。湿度、風、街の喧噪。そっくりだ。


思えば私は今までに何度も、あの日の大気と似た空気を見つけては、「ああこの感じ」と思ってきたものだった。20数年前、高校生のときにはそのことを学級日誌に綴ったこともあった。


35年以上前の日のことを、たった10分かそこらの時間、外の空気にふれただけでこうして思い出す。ノスタルジーに包まれつつ思い出す。


なんとも素敵なことだ。思い出している間、私の心はとても満ち足りていて、肩の力が抜けて心地よい時間が流れる。


そして思うのだ。


心のすそを広げながら歩き、心にあたる風を敏感に感じながら、もっともっと、センスを磨いて外の世界を感じよう、と。


感じる心を磨いていこう。感性を磨いていこう。考えるよりも、感じる男になろう。


拍手[4回]

PR

2010/09/25 (Sat.) Comment(0) その他

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
♪うっちい
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1971/03/23
趣味:
ガーデニング

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア


↑アマゾンで商品検索!

最新コメント

[02/05 うっちい]
[02/04 北斗七星]
[08/31 ユデン]
[08/31 うっちい]
[08/31 ユデン]

最新記事

最新トラックバック

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

アクセス解析