忍者ブログ

2017
07
25

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/07/25 (Tue.)

2010
01
03

息子と映画デート

息子がチョイスした新春映画は「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説」だ。


何か、こうして書いているだけで気恥ずかしくなるタイトルではあるが、息子と一緒に映画を観に行くという行為そのものに意義があると思っているので、楽しく楽しく鑑賞。


ただ、途中、20~30分くらい居眠りしてしまったσ(^◇^;)。息子にもダメ出しを受けたorz。


特撮技術はすごかった。ただ、円谷英二と言えば特撮の神様みたいな存在。そのことを思うと、ハリウッド的なCG特撮はおじさんのお眼鏡にはかなわない。子どもの頃にテレビでみたウルトラマンの方がすごかったなぁというのが、正直な感想。


そうそう、映画と言えば、年末にはアバターも観た。3Dはすごかったし、14年(だっけ?)の歳月を費やしての構想制作という気合いがものすごいけれど、なんというか、あの青くてでかくて、みんな同じ体格をしている異星人の恋物語は、正直違和感を感じた。


男子として、女性は美しい生身の地球人がいい。


ストーリーは、ファイナルファンタジー的なRPGストーリーではあったものの、しっかり作り込んであってそこそこ評価できる。ただ、2Dで観たらどう思ったかなぁ。


映画って、人の批評は全く役に多立たない。めためたに叩かれている映画でも、鑑賞してみると意外に琴線に触れたり、話題の大ヒット作品であっても、見てみると全く面白みがなかったり。。


このことを思うとき、いつもそれを音楽にあてはめてみちゃう。


音楽も同じ。聴く人によって評価は大きく異なるもの。


コンクールに参戦し続けている私としては、このことは重要。万人がある程度の評価をしてくれる演奏をめざしつつ、それとは全く真逆のアプローチ、個人的な思いをぶつける要素も忘れずにいたいもの。


プロじゃないから、コンサートで観衆を魅了するチャンスはあまりない。それでも、全国区の演奏ができるようになれば、そういったチャンスにも多く恵まれるだろう。


仲間と共に、全国の観衆を魅了する演奏を目指したい。私が、安積黎明のニコ動を観てうるうるするように、私と仲間たちの演奏が、ほかの誰かをうるうるさせるような演奏をしてみたい。


いつかは達成したい。それが夢。


ずーーーーーーーーーーーーっと、この夢を描き続けよう。



拍手[1回]

PR

2010/01/03 (Sun.) Trackback(0) Comment(0) その他

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Trackback

Trackback for this entry:

プロフィール

HN:
♪うっちい
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1971/03/23
趣味:
ガーデニング

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア


↑アマゾンで商品検索!

最新コメント

[02/05 うっちい]
[02/04 北斗七星]
[08/31 ユデン]
[08/31 うっちい]
[08/31 ユデン]

最新記事

最新トラックバック

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

アクセス解析