忍者ブログ

2017
06
27

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/06/27 (Tue.)

2010
10
19

フランソワ・ジュランヴィル

リビング前のメインガーデンに植えた3つのバラのひとつ、グラハム・トーマスの具合が思わしくない。


夏頃、枝が一本、枯れ上がったのを皮切りに、樹勢がすっかり弱まってしまった。今、秋の花を一輪だけ咲かせているが、その花も小さくてなんとなく弱々しい。


カミキリムシの被害なのが、あるいはガンシュが隠れているのか、株元にはたくさんの草花が育っているのでよくわからない。真剣に原因を探ればきっとわかるのだろうけれど、あんまり時間が取れない中、薔薇の根元をいじると必ずといっていいほどその刺にやられてしまうので、これまたモチベーションがあがらない。


そこで、このグラハム・トーマスは秋の終わりに鉢上げすることに決めた。そこでじっくり原因を探ってみよう。


そして、同じ場所に今度は別のつるバラを植えようと思い立つ。


あれこれ悩んだ末に決めたバラ。それが『フランソワ・ジュランヴィル』だ。ピンクのつるバラ。難波光江さんの本を読んでから、いつかはこのバラを育てたいと思っていた。


さきほど、大苗をネットで予約。たぶん、遅くても年明けくらいには苗が届くはず。





なんだかここのところ、ずっと気分が晴れない。


いろいろな失敗や敗北やトラブルが襲いかかり、仕事も忙しく、土日に息抜きができない。もちろん、そんな状況下においても、楽しいことや癒されることはあって、それらを糧になんとかやっている。明日からは、定期テスト期間で休止していた部活も再開されるので、生徒たちの笑顔に接して元気をもらうことができるだろう。


きっと私は今、スランプなのだ。


スランプは、入念な準備と、基礎基本に立ち返った実践と、きっちりと後片付けをするという、何の変哲もないルーティーンワークをこなすだけで案外早く抜け出すことができるものだ。経験上、そのことはよくわかっている。


わかっているけれど、心が弱まっていると、何かにしがみつきたくなる。


ああ。強くなりたい。


早く、フランソワ・ジュランヴィルの苗が届かないかなぁ。。。


早く春にならないかなぁ。。。

拍手[0回]

PR

2010/10/19 (Tue.) Comment(0) その他

2010
10
18

没後120年ゴッホ展

渋谷に出張。思いの外、かなり早く用が済んだため、六本木まで足を伸ばして国立新美術館でゴッホ展を鑑賞。


私はゴッホの絵が大好きというわけではないが、デッサンの修行をしっかり積み、色遣いについて研究し、がむしゃらに絵の世界に没頭していったその生き様には打たれるところあって、絵よりもむしろ生き様に尊敬の念を抱いている画家だ。


ゴーギャンに自画像の「耳」がおかしいと言われ、自分の耳を切り落としたエピソードなど、ゴシップ的にも興味深い画家。


「自画像」や「ひまわり」(今回のゴッホ展にひまわりは皆無だった)よりも、「薔薇と芍薬」の方が好きだし、種をまく人的な地味なデッサンの方に時間をかけて鑑賞してしまう私は、きっと感性が一般的ではないのだろうなぁ、これでは私の音楽ももしかして、一般的な感性とはかけ離れたものなのかもしれないなぁ、などと思いながら絵を見て回る。


ところで、今回のゴッホ展でもっとも心に残った絵は、『サン=レミ療養院の庭』だ。精神病院に幽閉されたゴッホがその病院の中庭を描いたもの。耳を切り落として精神病扱いにされて入院させられたゴッホではあるが、そのタッチと色遣いの実に自由闊達なこと。


画家として、完成度の高さに満足したのだろう、「Vincent」ときちっと署名を入れている。


この署名に私は心を打たれた。


どんな環境下・精神状態においても、自分の作品に妥協をしない心意気。傍目には精神を病んでいようとも、芸術を追究しようとする心。


その心を充たしたのであろう。だからこそ、絵に署名をしたのだ。


私と言えば、常に自分の音楽に妥協をしている。メンバーにきつい要求をしては心が離れていくかもしれないって恐れたり、これ以上を極めるにはきっと自分の技量が足りていないとあきらめてみたり。


だから三流のままで上のステージに行けないのだろう。


私が三流のままでは、メンバーもいい思いもすることはできない。せめて、もう少し上のステージへ!


ゴッホが「Vincent」とサインを入れたくなる絵のような、そんな音楽を私も奏でてみたい。


拍手[1回]

2010/10/18 (Mon.) Comment(0) その他

2010
10
15

不良債権

今日は朝イチでちょっとショックなことを耳にする。その後すぐにアレコレと事は進んで、昼にもアレコレと。


一番ショックを受けているのは本人だろう。ここで負けずにまた立ち上がって欲しい。


それ以外にも今日は色んな生徒から悩み相談を受ける。


放課後、音楽系の進路を志望している生徒と長く話しをした。私の目が節穴でなければ、キラリと光るものをもつ彼女。だけど、そういった能力があっても、音楽の道はとても険しい。


ある先生が言っていた。音楽家を目指す子は「不良債権」だと。


ある意味その通りだ。大枚を叩いてレッスンに通い、べらぼうに授業料の高い音大に通った結果、結局は音楽の道で喰っていくことはできず、かと言って企業への就職などままならず、食い扶持に困る人生。まさに不良債権。


それでも、音楽に目覚め、ある特定の楽器(声楽を含め)で能力を開花させてしまっては、どうしても歩む道は「音楽」になってゆく。


音楽の道を歩む者が「不良債権」と言われないような、そんな夢のような世界ってあるのだろうか?


今日は、朝から落ち込むことがあったせいか、なんだか虚無感、絶望感を感じつつ帰路につく。


それでも、音楽を愛する生徒と会話するのは楽しいものだ。定期テスト前。音楽室で勉強をしている生徒と会話をしていると、なんだか癒されていく。


私は、音楽の道を歩み、たくさんの失敗を繰り返しつつもなんとか食い扶持を得ためずらしい輩の一人だ。不良債権化しなかっためずらしい存在。この経験を、同じような道を歩もうとしている生徒のために、活かすことができれば。


不良債権?クソクラエ、だ!

拍手[1回]

2010/10/15 (Fri.) Comment(0) その他

2010
10
01

山あり谷あり

「絶対」はない。


「永遠」はない。


サイクルはある。


物事は、良かったり悪かったりを繰り返しながら、前に進んでいくのだ。


ただし、自転車を降りてしまってはそこまでだ。


いいよ。いつでも話を聞こう。私の言葉の中に答えなんて見つからないだろうけれど、話を聞いて一緒にしんみりすることはできると思う。


足を一歩踏み出す。この方法がよくわからないんだよなぁ。俺も知りたい。踏み出せたら最高だね。歩く方法を、そのノウハウを知りたい。



今週は実に多くの悩みを聞いた。惜しむらく、私は十分な答えを持っていない。


未熟だなorz...すまぬ。

拍手[2回]

2010/10/01 (Fri.) Comment(0) その他

2010
09
25

感じる

午後3時。所用があって勤務校を後にする。愛車の示す気温計は21度。秋の風にあたりたくて、クルマの窓を少し開けると、外の喧噪が耳に飛び込んでくる。


空には重たい雨雲。街の喧噪。


なんだか自分が、水の中の、流れの影響をあまり受けないよどみの深くにいて、ぶくぶくと息をしながらゆったりと休んでいるサンショウウオのような気分になる。


ああ、この感じ。私は思う。この感じは、ことある毎に思い出す、あのときの大気の雰囲気に似ている。


それはまだ私が幼稚園にあがる前のこと。母に連れられて、電車で数駅の街にある人の御見舞にいったときのこと。私の田舎にある黒磯駅は、そこから南に向かう電車と北に向かう電車とでは、種類が違っていたが、その日は北に向かう茶色い電車に乗った。


駅を降り、果物屋で御見舞のためのフルーツを母が買う。ついでに棒チョコを買い与えられた私は、思いもかけないご褒美にご満悦であった。


あのときの空、あのときの大気と、今日のこの空気は同じだ。湿度、風、街の喧噪。そっくりだ。


思えば私は今までに何度も、あの日の大気と似た空気を見つけては、「ああこの感じ」と思ってきたものだった。20数年前、高校生のときにはそのことを学級日誌に綴ったこともあった。


35年以上前の日のことを、たった10分かそこらの時間、外の空気にふれただけでこうして思い出す。ノスタルジーに包まれつつ思い出す。


なんとも素敵なことだ。思い出している間、私の心はとても満ち足りていて、肩の力が抜けて心地よい時間が流れる。


そして思うのだ。


心のすそを広げながら歩き、心にあたる風を敏感に感じながら、もっともっと、センスを磨いて外の世界を感じよう、と。


感じる心を磨いていこう。感性を磨いていこう。考えるよりも、感じる男になろう。


拍手[4回]

2010/09/25 (Sat.) Comment(0) その他

プロフィール

HN:
♪うっちい
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1971/03/23
趣味:
ガーデニング

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア


↑アマゾンで商品検索!

最新コメント

[02/05 うっちい]
[02/04 北斗七星]
[08/31 ユデン]
[08/31 うっちい]
[08/31 ユデン]

最新記事

最新トラックバック

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

アクセス解析